なにわ淀川ロケットマラソンとは?

ロケット事業への貢献について

本大会は大会のモチーフである「ロケット」事業の発展の一助となるべく寄付を行います。 ロケットは日本の未来と希望であり、夢を与えてくれます。
本大会では、そんな夢(ロケット)を制作する『インターステラテクノロジズ株式会社』様を応援させていただきたく、参加料の一部(100円×エントリー数)を寄付することで叶えたいと考えました。

インターステラテクノロジズ株式会社

寄付先について

『インターステラテクノロジズ』は北海道大樹町でロケット開発・打上げを行う企業です。ホリエモンこと堀江貴文さんが設立した会社として話題になりました。

宇宙を身近にすることを目標に、安価で高頻度なロケット打上げサービスの事業化を目指し、2019年5月に民間企業単独では日本初となる宇宙空間到達を達成しました。

自社開発でのロケット打ち上げ、失敗を恐れず何度でも挑戦する『インターステラテクノロジズ』のスタイルに、本大会を企画運営するスポーツワンも強く共感いたしました。

皆さんの参加費が夢(ロケット)の一部になります。
一緒に夢を実現しましょう!

ロケットマラソンとは

昨今、東大阪市の町工場が人工衛星「まいど1号」を打ち上げることに成功し、多くの方々を仰天させました。

スポーツワンでは、まいど1号が起こしたような革新的なチャレンジを、スポーツの世界で起こしたいと考えております。

現在の世の中にはたくさんのマラソン大会があります。
「世の中の方々に役に立つ革新的なマラソン大会を実現したい」と常日頃から考えております。

その中で、ロケットが飛び立つように、マラソン大会として抜きん出た大会となるべく、ロケットをモチーフとして選定いたしました。